摩耶山ブログマヤログ

あなたのメッセージが坂バスに

10月 19th, 2012

「坂バス」は市バスではありません。バスが通るルートエリアの住民・商業者組織で構成される「まやビューラインアクセス向上実行委員会」がバス事業者の「みなと観光バス」に運行委託して走る民営バスです。言ってみれば「ク営バス」なワケです。
灘クミンが主体となって運営するバスであることを表現するために、バスのデザインにちょっとした仕掛けがあります。

バスの車体に寄せ書きしちゃいます。

といっても、好き勝手に「夜露死苦」とか「来夢来人」とかスプレーで書かれた日にゃあ目も当てられませんので、坂バスのアイコンでもある葉っぱ型のマグネット式ステッカーに名前やメッセージを書いてもらい、それをバスにペタペタと貼ることにしました。(葉書き=ハガキという意味も忍ばせています)



店の名前や個人名、摩耶山への思いや「子どもが産まれます」などの近況報告まで、いろんな人のメッセージが貼付けられたバスが灘の坂道を上り下りするという案配。



マグネット式ステッカーは「坂バスサポーターズステッカー」として1500円で販売し、売上げの一部がまやビューラインを支えていく活動資金になります。(微々たるものですが)
あなたも、坂バスのボディにメッセージをのっけてみませんか?

坂バスサポーターズステッカーの販売は
10/20(土)摩耶山リュックサックマーケット受付
もしくは
灘区役所4階まちづくり課坂バス係
まで


キュートなボディにズッキンドッキン

10月 18th, 2012


「坂バス」に使用される車両は日野自動車の「ポンチョ」という小さなバスです。
なんとなくスペイン風味な名前ですが「ポンと乗ってチョコっと行く」という意味だそうです。
このポンチョ、結構かわいいんんです。
デザインがなんとなくヨーロッパの路面電車のようなたたずまい。
窓面積が大きく、国道2号を走っていた阪国電車の「金魚鉢」を彷彿とさせます。
(古すぎてわからないか)

でも、もっとなんかに似てませんか?
そう、アゲハの幼虫に似てますよね。
ボディを押すと、オレンジ色のツノ出しそうです。(出ないけど)
ちなみに灘区では市バス26系統がこの車両を使ってますが、色的にもアゲハの幼虫にしか見えません。
ほら。

「坂バス」に使う車両は真っ白なので、どちらかというとカイコみたいです。
口から糸吐きそうです。
ザ・ピーナッツが「モスラーや、モスラー♪」って歌い出しそうな風情。
(古すぎてわからないか)
真っ白もシンプルでいいのですが、ちょっぴり寂しいので、
「坂バス」ではおめかしをしてあげることにしました。(つづく)


坂バスは1時間に3本!

10月 17th, 2012



上の時刻表をご覧ください。朝7:00から夜21:30まで運行間隔はほぼ20分。まやビューラインの運行間隔に基づいたダイヤになっています。摩耶ケーブルへのアクセスはもちろん、お買い物や通学、通勤、通院、ほろ酔い帰宅にもお使いいただけます。またニッチな使い方としては、上野道など登山口までのアクセスとしても使えるかも。坂バスに乗れば面倒な登山道までの舗装路をすっとばせるのです。


バスマニア感涙のコース設定

10月 17th, 2012

坂バスコース



坂バスはJR灘駅(阪神岩屋駅)〜阪急王子公園駅〜水道筋〜摩耶ケーブル駅間を運行します。途中、細い道を民家の軒先をかすめながら地車のごとくくねくねと上がっていきます。バスマニア的には国玉通3〜赤坂通3のクランク、弘法寺前の右折、水道筋商店街北を過ぎた上野踏切の左折が鳥肌モンです。プロの運転技術を堪能するのも坂バスの楽しみ方の一つかもしれません。


坂バス出発進行!

10月 16th, 2012

いよいよ来週10月26日(金)から11月25日(日)まで、JR灘駅〜阪急王子公園駅〜水道筋〜摩耶ケーブル駅を結ぶ、待望のアクセスバスの社会実験が始まります。マヤログではこの「坂バス」の社会実験の情報を随時お知らせしていきますので、よろしくお願いします!