摩耶山ブログマヤログ

坂バスのラブソング『坂バスロマンス』

1月 24th, 2013

1/26(土)の「帰ってきたサカバス」に出演するもう一組のアーチストは、ギターとラッパのユニークな灘区在住ユニット「坂バス兄弟」です。昨年11月4日の坂バス車内ゲリラライブでは即興で『坂バスの唄』を披露してくれました。



今回は新曲『坂バスロマンス』をひっさげてライドオン。摩耶ケーブル下に住む彼氏とHAT神戸に住む彼女とを坂バスが結ぶラブソング。こちらも楽しげなライブになりそうです。坂バス兄弟のライブはJR灘駅南14:20と15:00の便、お乗り遅れのありませんよう!


『坂バスブルース』完成!

1月 23rd, 2013

1/26の「帰ってきたサカバス」の車内では2組のアーチストのライブが楽しめます。
灘駅南発13:00、13:40には灘区出身の演歌歌手、神戸アケミさんが登場。当日は『神戸泪雨』『水道筋はコイの街』『水道筋音頭パート2』に続く第4弾シングルが発表されます。

題して『坂バスブルース』!!

坂バス本格運行を願って、灘の坂道を歌った、西灘限定のご当地ソングであります。
歌詞はこんな感じです。

『坂バスブルース』

背伸びして見る 春の海
桜舞い散る トンネルの
甘い香りに 包まれて
あなた見つけた 出合い坂
あゝ 高尾 国玉 桜坂


灯りが揺れる 宵の刻(とき)
登るだんじり にぎやかに
はぐれぬように 手を取って
あなたと歩く 恋の坂
あゝ 五毛 天神 祭坂

サイレン響く 午後六時
なびく煙が 目にしみる
貨物列車を 見送った
あなたの影が 伸びる坂
あゝ 岩屋 タカバシ 夕陽坂

風が摩耶から 舞い降りて
二人のあいだ 吹き抜ける
チャペルの鐘も 悲しげに
落ち葉が積もる 別れ坂
あゝ 原田 青谷 マリア坂


いかがでしょうか?
当日は車内でCDも販売いたします。
これは買いですぜ!


坂バスグルメ「坂バーガー」

1月 22nd, 2013

1/26の坂バス復活イベント「帰って来たサカバス」では途中下車して坂バス沿道グルメを楽しんでいただきます。観音寺のShin’s BUGERではこの日だけの特別メニュー「坂バーガーセット」(若干プチなサイズの黒毛和牛バーガー+チリポテト+コカコーラorホットコーヒー)!バンズが少し傾いたオリジナルメニューです。







帰ってきた坂バス!

1月 16th, 2013

あけましておめでとうございます。
坂バス運行実験終了から2ヶ月が経ちました。突然ではありますが、本格運行を願ってJR灘駅〜摩耶ケーブル駅間で1日だけ坂バスをチャーター運行します。
4本のバス車内では、灘出身の大型演歌歌手、神戸アケミが新曲「坂バスブルース(仮)」や「水道筋はコイの街」などのご当地ソングを熱唱!岩屋在住のデュオ、坂バス兄弟も登場。ライブの合間に途中下車して沿道のカフェでお茶もできます。車内ではライブ、途中下車してお茶、そしてまたライブ、そしておやつ…地域の味と地域の音が楽しめる、乗り降り自由のお散歩バス。お乗り遅れのありませんよう!

【満席につき、募集終了しました】

「帰ってきたサカバス」 
[日 時]2013.1.26(土)
[参加費]1500円(2店舗分のフード・ドリンクチケット付)
[運 行]灘駅南口発13:00 13:40 14:20 15:00
[出 演]神戸アケミ・坂バス兄弟
[申込み]氏名、電話番号、メールアドレスを記入の上
     info@mayasan.jpまで
     ナダタマのFacebookページからも参加申込できます。
     


坂バス運行終了!

11月 26th, 2012

10月26日から1ヶ月に渡って灘の坂道をトコトコと登ってきた「まやビューライン 坂バス」の運行実験は、11月25日で終了いたしました。日に日に利用者が増え、最終日は700人を超える方にご乗車いただきました。最終バスにはマヤグリーンが乗車、沿道ではカメラで坂バスの最後の姿を写す人や、手を振って見送る人も。短い期間ながらいろんな人に愛されたバスでした。


最終坂バスを見送る人々(天神筋)

一夜明けてバス停も完全に撤去され「あれは夢だったのだろうか?」といった感じです。ようやく認知されてきたというタイミングでの実験終了は残念ですが、今後は実験結果をもとに本運行に向けての検討を行います。ご利用いただいた皆さん、キャンペーンにご協力いただいた皆さん、サポートステッカーにご協力いただいた皆さん、ブログ等でご紹介いただいた皆さん、ありがとうございました!ユラユラと車体を揺らしながら細い坂道を上り下りした「坂バス」は、皆さんの心の中で走り続けることでしょう。