摩耶山ブログマヤログ

アジサイのその後のヒミツ

8月 18th, 2013

梅雨頃からずっと青・紫・ピンクと様々な色で目を楽しませてくれた摩耶山のアジサイたち。

盛夏になると枯れたり色あせたり、そろそろ終わりモードに入ってきます。
夏のアジサイ、その後はどうなっているか知ってますか?

8月18日(日)に開催された 「摩耶の森クラブ」の活動の中にその答えのひとつが!

摩耶の森クラブの活動とは!?

摩耶の森クラブの活動とは!?



 

この日の摩耶の森クラブは「アジサイの剪定+摩耶山周辺でのハイキング」ということで、
まずは朝10:30に摩耶山掬星台・あずまやの下に集合した参加者の方たちに、神戸市森林整備事務所の縄田さんからの説明。

参加者は老若男女さまざま。親子参加も。

参加者は老若男女さまざま。親子参加も。



アジサイの整枝(という言葉、初めて知りました!)について学びます。

あじさい剪定方法2

夏過ぎて放っておくと枝が伸び過ぎてしまうアジサイを、花から2〜3節のところで切ってあげるのです。

 

この作業が午前中の活動。
いざ出発!

……の前に、

ジャジャン!

ジャジャン!



専用の道具が登場です。

革製のケースにおさまる剪定ハサミとベルトたち。

革製のケースにおさまる剪定ハサミとベルトたち。



コレはカッコイイ!

装着したら改めて出発!
作業場所は掬星台のすぐそばの自然観察園です。
摩耶の森クラブの活動は、主にこの「摩耶自然観察園(通称:まやもりん)」を中心に行われています。

2節目と3節目の間にハサミを入れてチョキンチョキンと軽快に。
皆さん、初めてでも手慣れた感じで作業を進めます。

やりはじめると止まらなくなります(笑)

やりはじめると止まらなくなります(笑)



 

葉の根元に芽がぷくりとふくらんでます

葉の根元に芽がぷくりとふくらんでます



この芽の上部を切ると、次の枝が伸びて花を咲かせる準備をするワケです。

道路沿いのおなじみの場所もチョキンチョキン。

道路沿いのおなじみの場所もチョキンチョキン。



枯れた花が落とされてすっきり感。

枯れた花が落とされてすっきり感。



 

剪定された花たちは、次の花の栄養に。

剪定された花たちは、次の花の栄養に。 



道行くハイカーの方が活動の様子を見ながら「アジサイの手入れをしてるよ」と話しています。
アジサイの成長の手助けをちょっぴり出来たかなと思うと、何だか摩耶山のアジサイたちが自分にとっての「特別」に思えてきます。

 

お昼休憩をはさんで、午後からは『六甲山を歩こう!』の著者でおなじみ、ライターの根岸真理さんによる夏山ハイキング講座と摩耶山周辺のハイキング。

午後の部、はじまりました!

午後の部、はじまりました!



根岸さん所有の各種山アイテムを次々紹介していただきながら、夏山ハイクの実践に役立つポイントを学び、ショートハイキングに出かけるという、こちらもまた充実のプラン。

午前午後、一日でこれらの2タイプの活動をいっぺんに体験できるのはなかなか贅沢〜。
(もちろん参加者の体力に負担が無いように、当日の気候に合わせて時間やコースを短くする柔軟な対応あり)
参加者はリピーターが多いそう。
山初心者でも子どもでも気軽に楽しく活動できる多彩なプログラム。
月に一度だと参加もしやすく、リピーターになる気持ち、分かる気がします。
摩耶の森クラブの活動は春から秋までは第3日曜日が中心(10〜12月は変動、1,2月は活動休止)

次は9月15日(日)「摩耶山の野鳥を学ぼう+自然観察園の手入れ」(要申込)です。
去年の野鳥観察では、とても珍しいタカ柱という現象を見ることができたそう。
今後の募集告知や活動詳細は「摩耶の森クラブHP」をチェック!

 

おまけ:
あじさい池のおたまじゃくしも元気でした。

モリアオガエルのお子様たち

モリアオガエルのお子様たち



木陰や葉っぱを見るとオトナになったモリアオガエルがいるらしいのですが……この日は見つけられず!
皆さんも探してみてくださいね〜。


青い弓矢!進撃のマヤブルー

8月 14th, 2013

私は今日も元気です(momo山歩さん撮影)

私は今日も元気です(momo山歩さん撮影)


∠(゚Д゚)/マァァァァァァァヤァァァァァァァ!!!!!!!

みなさんこんにちは、マヤブルーです。
猛暑まっただなかとはいえ、私は秘密スーツを着用していますので、けっして暑くてしんどいということは毛頭ないのですが、夏休みを満喫しようという皆さんの気迫あふれるパワーに気圧されてしまったのです。そういうことです。夏バテ等ではありません。断じて

 

「しゅげんくん」氏と夢のコラボを実現

「しゅげんくん」氏と夢のコラボを実現



さて、このまえは「摩耶山笹おい七夕まつり+ショートムービー紙芝居型上映会」に参上させていただき、誠にありがとうございました。上映会の最後には皆さまの前に出て、生演奏をバックに、日頃から特訓してきたダンスパフォーマンスを披露させていただきました。特に私自慢のマヤ・サイドステップには、観客席より黄色い悲鳴や「気持ち悪い」との歓声があがるなど、評判も上々でありがたいかぎりです。

 

私たちのツーショットに子どもたちも大わらわ

私たちのツーショットに子どもたちも大わらわ



そしてなんといっても摩耶山天上寺のゆるキャラ「しゅげんくん」氏との、過去に例のない画期的な大コラボを果たさせていただきました。私にとっては夜店大通りでの「汗かきえびす」氏以来となる異業種交流であり、たいへん勉強させていただきました。特に愛嬌たっぷりの可愛らしい仕草はお客さんたちを喜ばせており、私も大いに参考にさせてもらいたいです。

さらに先日、おなじく天上寺でおこなわれた一大祈祷行事「四万六千日大祭」では、マヤブルー史上最もおそい出動となり(普段の私は早寝なのです)、短いあいだでしたが関係者の皆さまにご挨拶させていただきました。住職様よりあたたかいお言葉を頂戴し、ますます摩耶山の味方として気持ちが引き締まる想いです。

さて告知です。いよいよ今週の土曜日に迫ってまいりました、月に一回のお楽しみ「リュックサックマーケット」。

このまえのリュックにお邪魔しました

このまえのリュックにお邪魔しました



前回にひきつづき、今月もトワイライトバージョンということで、開催時間は15時から19時のあいだとなります。夏休み最後のリュックですので、ご家族そろってぜひお越しください。(詳細はこちら

 

 

 

坂バス車内でふんばる私(momo山歩さん撮影)

坂バス車内でふんばる私(momo山歩さん撮影)



話は坂活に変わりますが、このたび7月における坂バスに関するデータを入手し、それによると私の登場以降、着実に回数券利用のお客様が増えているといることが実証され、私としましては喜ばしいかぎりなのですが、一方で全体の利用者数は横ばいにあり、まだまだ私にできることがあるはずだと気を引き締めています。今後とも坂バス、そしてマヤブルーによる坂活へ、ますますのご支援とご理解とご協力とご参加を、何卒よろしくお願いします。

 

ほらね、元気でしょ(momo山歩さん撮影)

ほらね、元気でしょ(momo山歩さん撮影)



というわけで今回のマヤログいかがでしたでしょうか。夏休み期間中は山中での事故や事件を未然に防ぐべく摩耶山パトロールに力を入れており、平地で皆さんとお会いできるのは毎週木曜日の午前が主となっておりますが、少しでも多くの方に坂バスを知ってもらい、利用していただき、摩耶山まで遊びに来られるよう、坂活に励んで参りますので応援よろしくお願いします。おそらくもうじき、新マヤイエr・・・おっとこれはオフレコでしたね。

それでは皆さん、熱中症に気をつけられながら、週末は坂バスとビューラインで摩耶山までお越しください。マヤブルーでした。

P.S.
イベントなど正式な場へ参上する際、秘密プロテクターを着用して参上することがあります。その際の呼び名を皆さんから募集中です。ただいまの候補は「超(スーパー)マヤブルー」「フルアーマー・マヤブルー」「真マヤブルー」「マヤブルーPro」「マヤブルー・グレート」などが挙がっていますので、投票も受付中です。よろしくお願いします。

 


【10月半ばまで】摩耶山の夜景フォトコンテスト開催中!

8月 11th, 2013

この夏の夜景は1000万ドルで終わらない!

この夏の夜景は”1000万ドル”を超える!


とっておきのパノラマで、とってもいいひとときを、あなたに。

mayasan.jpのフェイスブックページでは、8月1日よりデジタルフォトコンテストがおこなわれています。

テーマは「あなただけの”撮っておき”。摩耶山・掬星台からの夜景」。心躍る山上のオーベルジュ「オテル・ド・摩耶」よりペア宿泊券やランチ券のほか、「六甲山牧場」のおみやげセットなど、摩耶山にちなんだ素敵な賞品があなたを待っています。
期間中に撮影された作品なら、おひとり何枚でも投稿できますので、ふるってご参加ください。

この夏1000万ドルの夜景を楽しめば、さらに摩耶山の楽しみが増えるかも。あなただけの”撮っておき”、お待ちしています。

===============================

摩耶山からの夜景 デジタルフォトコンテスト
テーマ:「あなただけの”撮っておき”。摩耶山・掬星台からの夜景」
募集日程:2013年8月1日〜10月15日
投稿先:mayasan.jpフェイスブックページ内のコンテストコーナーにて受付中
直接リンクはこちらから
※当コンテストに参加される際、mayasan.jpフェイスブックページへの「いいね!」
が必要になります。


クールな摩耶山、はじめました。

8月 10th, 2013

うだるような暑さの日々が続いておりますが、みなさん溶けていらっしゃいませんかー?

そんな時は地上マイナス5度の摩耶山へ!

そう、摩耶山は常に下界よりマイナス5度(時にはそれ以上!…なので下界におりたくなくなることしばしば)

ロープウェイを乗り降りする時に虹の駅と星の駅で温度計をチェックすると、ほぼ自宅の室温マイナス5度の数字が記されているわけです、ホントに。
さらに日が暮れて風が出てくると肌寒い日もあります。
(晴れた昼間は太陽が容赦ないですので日焼け対策お忘れなく!)

 

そしてロープウェイ星の駅2階「摩耶ビューテラス702」の一画にオープンした
山のレンタルコーナー「monte702」の中にもクールスポットをご用意。

 

monte702


 

 

  □水分と塩分補給には「冷凍ドリンク(50円/150円)」
  □冷え冷え感補給には「冷凍タオル(150円)」
  □虫よけ涼感補給には「天然ハッカ油10ml(300円)」※
  □木陰お昼寝補給には「お昼寝ピクニックセット(レンタル4h 500円)」

※ハッカ油スプレーを自分で調合&即お持ち帰りできるセット販売もあります!
(灘区の鈴木薄荷製ハッカ油を使用、自然の成分で地球に優しい虫よけ。オススメ!)

 

観光でふらっと来た方
家族でピクニックに来た方
山上ハイキングを楽しんでいる方
トレイルランニングで鍛えておられる方

いろんな方へのクールを取り揃えております。

みなさま、「避暑」のお求めはお近くの摩耶山へ。

 

摩耶山を200%楽しむ各種山アイテムのレンタル
monte702のメニューは以下のHPを♪(レンタル品の予約も承っております)
手ぶらで摩耶山を楽しもう monte702

monte702

 

摩耶ケーブル下へはJR灘駅&阪急王子公園からの坂バスが便利です!
坂バス時刻表

 


1日で、126年ぶんのおまつり。「四万六千日大祭」

8月 7th, 2013

万灯会の様子。天上寺の公式サイトより

万灯会の様子。天上寺の公式サイトより


46000÷365=126.027397

明日、8月8日の木曜日、摩耶山天上寺にて「四万六千日大祭」がひらかれます。

この日は、ご本尊・観音さまのご利益を一年中で最も多くいただける百幅のご縁日。六根清浄(欲や迷いを断ち切り、心身が清らかになること)、所願成就み魂まつりを願う、神戸の夏の風物詩として、人びとに親しまれています。

おまつりの名前にある「四万六千日」とは、この日にお参りできれば、46000回お参りしたこととおなじご利益が得られるという意味があるとのこと。年に換算して126年分(余り1週間ぐらい)になります。ちなみにアメリカ合衆国にある「自由の女神」も126歳(?)だそうです。

当日は午前11時より「開白法会」でスタート。午後1時の「柴燈大護摩供(さいとうおごまく)」では山伏行者による盛大な火祭りがおこなわれ、19時から境内に灯篭を美しくならべる「万灯会」があります。そしてクライマックスは23時にはじまる「星下り会式」。九日0時に天からみ堂へくだるとされる「七難即滅・七幅即生」の星を迎えるべく、荘厳な法儀がとりおこなわれるのです。そのあとは2時頃までおつとめすることができるとのこと。

摩耶山天上寺までは、まやビューラインのご利用が便利です。ロープウェー星の駅から徒歩10分のところにあります。また当日8日はまやビューラインの下山最終便がおそくなり、ロープウェーが21時50分、ケーブルが22時になります。さらに四万六千日大祭の赤いチラシにまやビューライン2割引券が付いていますので、よりお得に利用することができます。ぜひチェックしてみてくださいね。

納涼、そして1千万ドルの夜景をバックに、126年分を祈る一夜。皆さんもご家族とともに過ごされてみてはいかがでしょうか。
====================

「摩耶山天上寺 四万六千日大祭」

2013年8月8日(木) 11:00〜26:00(翌9日2時)頃

場所:摩耶山天上寺(星の駅より徒歩10分)
お問合せ:(078)861-2684(摩耶山天上寺)


摩耶ケーブル下までは…
坂バスでJR灘駅より11分
各線三宮駅、JR六甲道駅、阪急六甲駅から
神戸市バス18系統乗車摩耶ケーブル下下車


当日全体のスケジュールはこちらをどうぞ↓
摩耶山天上寺 四万六千日大祭