摩耶山ブログマヤログ

【8/8-9四万六千日大祭】摩耶山に星が下る夜

8月 3rd, 2019 at 11:45

むかし、八月八日の夜はたくさんの人が天上寺を目指して山を登りました。
それを見た居留地の外国人は天上寺を「ムーンテンプル」と呼びました。
でも人々が目指したのは月ではなく星でした。

★令和最初の星が下る夜★

八月八日と九日のさかいの時刻に、摩耶山天上寺ご本尊の観音さまに向けて、天から除災招福の星がくだるといい伝えられています。「ここのかび」とも「星下り会式」ともいわれる神戸の一大夜祭りです。置灯篭に火がともると、境内は祈りの浄土に変わります。この日にお参りすると、四万六千日お参りしたのと等しい功徳とご利益があるといわれています。幻想的な夜の天上寺へぜひご来山ください。


しかも、今年は!!
33年に1度、秘仏三尊御開帳 期間中!!!

摩耶山天上寺の秘仏は、金堂内陣の宮殿に奉安されている「十一面観音」「不動明王」「毘沙門天」の三尊です。普段、宮殿の扉が閉ざされていますが、33年に1度だけ、この扉が開かれます。秘仏三尊とのご縁を結んで、ありがたいご利益をお受けください。秘仏三尊御開帳<後期>は 8月1日から15日間です。



【四万六千日大祭ー神戸の夜参りー】
■令和元年 8月8日(木)9日(金)
■摩耶山天上寺

■ 8月8日(木)
11:00〜 開白法会
13:00〜 柴燈大護摩供
18:00〜 納涼盆おどり(灘区連合婦人会)
「神戸奥摩耶音頭」など多くの音頭が披露されます
19:00〜 萬燈会・星迎え会式
23:00〜 星下り会式

■ 8月9日(金)
14:00 結願法会

■問合せ
摩耶山天上寺 078-861-2684
萬燈会献灯・ご祈祷・ご供養のお申込受付中


Comments are closed.