摩耶山ブログマヤログ

宮田八郎さん ありがとう上映会 ~Thanks to HODAKA~

12月 8th, 2018

おかえりなさい、宮田八郎さん(神戸市灘区出身・神戸高校)
マヤカツでも特別ガイドをされるなど摩耶山活性化にご協力いただきました。

2016.5.26 摩耶ビューテラス702にて撮影
中央)宮田八郎さん
右)花谷泰広さん
左)慈憲一さん

2018.12.11 【ありがとう上映会 ~Thanks to HODAKA~】
摩耶山の麓、灘区民ホールにて開催されます。
摩耶山からたくさんのありがとうを込めて、上映会のご紹介をさせていただきます。

【Hachi Production より】
ながい時を 穂高で過ごし
たくさんの おかげさま で 生きてきて
つたえきれていない つたえようがない
さまざまな想いと感謝の気持ち
宮田八郎からの ありがとうを
穂高への ありがとうを
想いをよせてくれた みなさんへの ありがとうを
ひたむきに覗きつづけたファインダー
その向こうに描きたかった こころの丈を
すこしでもつたえることができるなら
感じてもらえるなら と
そんな宮田八郎への ありがとうを
木村道成さんとふたり 穂高にもどこの山にも 街にも
姿を見ることのない月日が経ちました。
ふたりへの ありがとう と
そこはかとなき想いをよせて

ありがとう上映会 ~Thanks to HODAKA~
[日時]
2018年12月11日(火曜)
展示エリア開場 17:30
上映 19:00~21:00頃(ホール客席への入場は18:30より)

[内容]
会場のホワイエにて 宮田八郎の写真、映像作品等の紹介 展示
ホールにて 宮田八郎制作の映像上映等(上映作品変更の場合もあります)
・短編映像数点(30分〜40分)・「星々の記憶」(40分/2017年制作)

穂高岳山荘小屋番・ハチプロダクション宮田八郎の映像作品、写真、制作ノート…を展示・上映。これまで公開していない短編作品、記録として撮っていたレスキューの様子
粥川なつ紀さんのサックスとコラボした映像 など

摩耶山 冬 Mt.Maya_Winter(2018.3)
そして
最後に残っていたデータの一部を紡いだ映像

星々の記憶
in the time and light of HODAKA

[場所]
神戸市立 灘区民ホール(500席)
神戸市灘区岸地通1-1-1

[入場無料]
事前のお申込等は必要ありません、座席指定もありません

[主催・お問合せ]
宮田八郎遭難対策委員会 860sagasu@gmail.com
ハチプロダクション office@hachipro.jp


【萩原珈琲・摩耶ブレンド】誕生秘話パッケージの巻。

12月 7th, 2018

ただ真っ直ぐに、おいしいコーヒーのために。摩耶山の麓で90年。
萩原珈琲 創業90年記念ブレンド【摩耶】がこの秋誕生しました。

摩耶山にやってきてから monte702では完売の日もあるくらい
おかげさまで大人気!!【摩耶ブレンド】
おいしさはもちろん、人気の秘密はパッケージにもあるようです。

ウワサの【摩耶ブレンドDRIP BAG】はこちら!

いくつものパターンの中から厳選

M 摩耶山と Y 都賀川(杣谷川と六甲川が合流)に恵まれた神戸市灘区、
空を舞う摩耶山の龍神さまが灘のまちを守られているような壮大なデザイン。
龍神さまは水の神さま、水は珈琲にとっても おいしさを決める大事なひとつです。

パッケージの中の 旧天上寺 仁王門「雲斗」が隠れポイント


仁王門をくぐったら摩耶ブレンドを思い出す。
摩耶ブレンドを味わうと摩耶山を思い出す。
摩耶山に帰りたくなる味。
マヤ遺跡探訪・登山のお土産に、ソトカフェに、
ご自宅で、プレゼントに、神戸土産に、ぜひどうぞ。

セレクトカラーも見逃せません。
摩耶山カラー[青谷カスケードグリーン]※1 を使用しています。

ご来山の際はぜひ【摩耶ブレンド】をお忘れなく。
monte702まやビューライン星の駅2階)にて限定販売中です!
monte702 078-882-3580(火曜定休日)

パッケージデザイン naddist 慈憲一

 

※1[青谷カスケードグリーン]
青谷に流れる水の色をモチーフにした青みの緑色。摩耶山から王子公園へと流れる川は、白い花崗岩の渓谷に流れる水の色が青かったので青谷川と呼ばれるようになった。また、神戸に住む外国人からカスケードバレイと呼ばれ登山道としても親しまれた。色彩豊かな街「神戸」の景色をテーマに生まれたインク【Kobe INK物語「第47集・青谷カスケードグリーン」】万年筆用ボトルインクのお求めはNAGASAWA文具センターまで。


摩耶山で探そう♡オープンハート♡

12月 6th, 2018

寒い冬は空気が澄んで夜景がより一層きれいに見えます。
1000万ドルの夜景から、真っ赤に輝くハート♡を見つけた瞬間、心がポッとあったかくなる。クリスマスは摩耶山から「オープンハート」をさがしませんか?心開くとなんだかいいことが起こりそうな予感。。

神戸松蔭女子学院大学は灘区と連携し、摩耶山活性化の取り組みを行っています。夏休み期間中に引き続き、11月29日(木)のクリスマスツリー点灯式からクリスマスの夜まで、再び「オープンハート」イルミネーションを点灯しています。キャンパス内に直径4mのハート型イルミネーションを設置し、摩耶山上掬星台から見渡せる「1000万ドルの夜景」の中に、ハートを探していただく仕掛けです。摩耶山上からの澄みきった夜景の中に光る赤いハートを見つけてください。


【冬の「オープンハート」点灯】
♡期間:2018年11月29日(木)~12月25日(火)
♡時間:17時~21時※
※神戸松蔭女子学院大学内ではご覧いただけません。
摩耶山上から夜景の中にハートのイルミネーションを探していただく仕掛けです。
まやビューラインは 金・土・日曜日に夜間延長運行を行っています。
くわしい運行時間はこちらをご覧ください(火曜定休日)


♡オープンハートとは、大正時代に松蔭女学校の校長だったミス・ヒュースが繰り返し生徒たちに語りかけた言葉です。「胸襟を開いて、ざっくばらんに」という意味で、明るく寛容な校風として今も受け継がれており、地域に貢献するチャペル活動のモットーでもあります。


摩耶ケーブルに乗って紅葉を見にいこうよう。

12月 3rd, 2018

まっかだな。摩耶ケーブルがまっかだな。

秒速3.6m!まっかな車窓。

急勾配の紅葉狩りをお楽しみください。

※摩耶ケーブルのダイヤなど詳細はこちらをご覧ください。


【切り絵のモビール作り】クリスマスオーナメントに☆

12月 2nd, 2018

この冬、新しいマヤカツがはじまります。
切り絵作家・いわたまいこさんがついに摩耶山へ!!
プランクトンからクジラまで、生きもののもつ面白さや美しさを紙とハサミで表現されるいわたさん。いわたまいこさんの世界に触れてみませんか?

講師:いわたまいこさんの作品

季節の生き物の切り絵をハサミ制作し、枝や落ち葉・木の実を使ってモビールにします。制作中にいきもののお話しも聞けるかも。クリスマスのオーナメントにぜひ☆


NEWマヤカツ【切り絵教室「切り絵のモビール作り」】
●日時:2018年12月19日(水曜)13:00〜15:00
●場所:摩耶ビューテラス702(摩耶ロープウェー星の駅2階)
●参加費:2,000円(材料費込)+カフェで1オーダー
●定員:8名(先着)
●持ちもの:作品を持帰る袋、必要な方は老眼鏡やいつも使っているメガネ
●お申込はこちらへ
クービック予約システムから予約する
●問合せ:078-882-3580(monte702まで 火曜定休日)
info☆mayasan.jp(☆を@に変えてください)
●いわたまいこさんのホームページはこちら

※切り絵はじめての方大歓迎・初心者向けです。ご参加ぜひ。