摩耶山ブログマヤログ

Archive for the ‘天上寺’ Category

摩耶山天上寺「ヤマボウシ」見頃!動画必見!

金曜日, 5月 31st, 2019

摩耶山天上寺にある大きな大きなヤマボウシが、
白く色づき早くも見頃をむかえています!

雪が積もったようで壮観

神戸新聞NEXT に公開された空から撮影された動画はこちらからご覧ください。
鳥になった気分で爽快にどうぞ。必見です。
ヤマボウシは6月上旬が見頃・中旬までたのしめます。
ヤマボウシの根元付近、少し離れた高台からも鑑賞できます。
動画のあとはその目で!ぜひご来山ください!

<摩耶山天上寺のヤマボウシ・山法師>
■樹高:12m
■幹周り:1.1mと1.1mの二股
■枝張り:11m
■推定樹齢:160年
■場所:摩耶山天上寺金堂の西側 下の壇の奥
※平成26年4月1日「市民の木」第54号に指定
摩耶山天上寺 TEL:078-861-2684
まやビューライン星の駅から徒歩約15分

※ヤマボウシが見頃の土・日は[山法師かふぇ]が期間限定オープンします。
2019年 6月1日(土)2日(日)8日(土)9日(日)11:00〜16:00
抹茶・お菓子 600円 今だけのおたのしみ

 


今!秘仏三尊御開帳@摩耶山天上寺

土曜日, 5月 11th, 2019

33年に一度!
宮殿の扉が開き、現在「秘仏三尊御開帳」されている華やかな摩耶山天上寺

境内では、ハンカチの木の花が咲いています。
5月の風に吹かれ、まるでタルチョのよう。


カラフルなタルチョがたなびく階段を上がると、摩耶夫人をご本尊とする日本で唯一の摩耶夫人堂があります。おとなりの金堂では、普段は閉ざされている宮殿の扉が開かれ、今なら、秘仏三尊(十一面観音・不動明王・毘沙門天)のお顔を眺めながら拝むことができます。御開帳記念の御札、期間限定の御朱印も見逃せません。善の綱をさわれるありがたい時。御開帳期間は あとわずか!5月15日までです。(※後期は8月1日〜15日)


新緑を眺めながらお抹茶が頂ける夢のような「新緑かふぇ」は御開帳期間中と5月の土日に限定OPENしています。こちらも是非。

お抹茶とお菓子 1席 600円

 


33年に一度だけ!天上寺の秘仏三尊御開帳!!

木曜日, 4月 4th, 2019

摩耶山天上寺で秘仏三尊御開帳!!
33年に一度だけ、宮殿の扉が開きます!!!


摩耶山天上寺の金堂にお祀りされている十一面観音・不動明王・毘沙門天の秘仏三尊。宮殿の扉は普段は閉ざされていますが、33年に一度だけ、この扉が開かれます。この貴重な”まさか”をお見逃しなくご来山ください。


<期間>
前期・2019年 5月1日〜5月15日
後期・2019年 8月1日〜8月15日

場所:摩耶山天上寺 078-861-2684

– 前期期間中の行事 –
5月1日 11:00〜開白法会
5月8日 11:00〜仏母会・花会式
5月12日 11:00〜花法要
5月15日 11:00〜仏母忌・花供養、14:00〜前期結願法会
※期間中は毎日3回(10:30〜、12:00〜、14:00〜)僧侶によるお清めのお加持と法話があります
※期間中は毎日「善の綱」を金堂につるしています
※期間中は御開帳記念の御札、期間限定の御朱印、記念品等をお授けします
※5色のタルチョーに祈願できます

[新緑かふぇ]OPEN!
5月1日〜15日、18日、19日、25日、26日 11時〜15時
600円(お抹茶、粗菓付き)こちらもあわせてお楽しみに

 


【摩耶山天上寺宝物展】狩野探幽と江戸の画僧たち

木曜日, 10月 18th, 2018

1年に1度 芸術の秋のたのしみ。今年の宝物展は「狩野探幽と江戸の画僧たち」絵師としての最高位である法印に叙せられ、名実共に画家としての頂点に達した晩年の探幽の大作と、超俗の理想世界・脱俗の心境を描いた江戸の画僧たちの山水画をご鑑賞ください。摩耶山天上寺書院の畳間は、ガラスなどの仕切りなく美術館などとは異なった格別の趣きがあります。おいしいお抹茶とともにごゆっくりご堪能ください。


【第17回摩耶山天上寺宝物展-狩野探幽と江戸の画僧たち-】
日時:平成30年10月20日(土)〜11月4日(日)午前10時〜午後4時
場所:摩耶山天上寺書院
拝観料:1名につき500円(抹茶と菓子の接待付)※中学生以下無料
問合:摩耶山天上寺 078-861-2684
主催:摩耶山天上寺・後援:摩耶山観光文化協会
まやビューラインサポーターの会特典割引あり!
MaSACaとクーポン券をお持ちください(20%割引)
クーポン券がなくなった会員さまはモンテ702まで(星の駅2階)

前期:10月20日〜10月27日 8日間
後期:10月28日〜11月 4日 8日間
後期に多少作品を掛け替えます


【第27回摩耶山俳句大会】晩秋の奥摩耶をパシャリ。

日曜日, 10月 7th, 2018

摩耶山は古くから俳句の山として知られ、多くの俳人に親しまれ秀句が詠まれています。天上寺にはたくさんの句碑があります。写真には写らない摩耶山の美しさとあなたの思いを、俳句に詠んで残しませんか?さぁ、あなたも晩秋の奥摩耶でハイク&俳句!俳句の山へお越しください。今年の大賞はあなたかもしれません。

菜の花や摩耶を下れば日の暮るる 蕪村
颱風の洗い上げたる今日の晴  白井貴佐子(昨年の摩耶山大賞)


第27回 摩耶山俳句大会
【日時】 平成30年10月29日(月)事前申込不要
【会場】神戸市立自然の家(奥摩耶)
【参加費】1,500円 (昼食代を含む)
【受付】午前10時より(ご記帳の上、投句用短冊・出句控をお受け取り下さい)
【締切】正午(受付・出句ともに)
【出句】摩耶山で景色をみながら詠んだ句(嘱目吟) 三句
【締切後の予定】
12:10  清記
13:00  互選
14:00  披講
15:30  大会賞発表と講評
【大会賞】摩耶山大賞・神戸市長賞・神戸新聞社賞・朝日新聞社賞・
NHK神戸放送局長賞・まやビューライン賞・摩耶山観光文化協会賞

【お問い合わせ】
摩耶山天上寺    078-861-2684
神戸市立自然の家  078-891-0001(10/29大会当日のみ)

【ご注意】
・会場まではまやビューラインと六甲摩耶スカイシャトルバスをご利用下さい
・大会当日まやビューライン摩耶ケーブル始発は通常より早い9:20発となります
・摩耶ケーブル駅へは坂バスが便利です(朝7時代より20分間隔で運行)
・会場には駐車場がありませんので 車でのご来場はご遠慮ください