摩耶山ブログマヤログ

「悠久のマヤ遺跡! 歴史への道しるべを辿る」(1)

12月 21st, 2013

摩耶ふしぎ発見ロゴ

神戸市灘区、摩耶山。ここは、一千万ドルの夜景を讃えられる、掬星台からの夜景が全国的に有名な山ですが、そのたもとには、ある重要な遺跡が隠されているんです。その名は「マヤ遺跡」!上野道と呼ばれる古道にそって、かつてのにぎわいを物語る歴史の足跡がいたるところに残されています。

灘区、摩耶山ふしぎ発見。記念すべき第1回目となる今回はこのマヤ遺跡をとりあげ、今なお脈々とつらなる幻の遺跡群をご紹介していきます。最初のクエスチョンは、この古道の入口から始めていきましょう!

==============

IMGP6131 2 今回のミステリースポットへのメインアクセスとなるのが、まやビューラインの摩耶ケーブル。約5分かけて、標高451メートルの「虹の駅」までをのぼることができます。

 

IMGP6149 さて到着した虹の駅。一見簡素な駅舎のようですが、じつはこの建物、大正時代に開業した当時のものがそのまま使われているんです(改装あり)。建てられた当初は屋上がテラスになっていて、広く眺望を見渡せたんだとか。

 

IMGP6175さて、駅の改札を出て右手にある展望台。ここからはすでに大阪湾方面を広く見渡すことができ、元旦には初日の出を拝むことのできるスポットとしても知られているのですが、ちょっと左手をごらんください。。。

 

IMGP6406 ご存知の方も多いことでしょう。もしかしたらこの遺跡を目当てでやってくる方もいるかも!?そう、廃墟ファンの聖地としても有名な最初のマヤ遺跡、「旧摩耶観光ホテル」ですね(通称「マヤカン」)。

 

IMGP6143このマヤカン、開業したのは昭和5年で、当時の名称は「摩耶山温泉」でした。その後は戦争や台風をのりこえ人びとに愛されてきましたが、現在では立ち入り禁止となり、自然にかえるようにひっそりと眠っています。

IMGP6160さてもうひとつ虹の駅からのパノラマスポットといえば、ケーブル駅から歩いてすぐにありますこちらの展望台。東、ハーバーランド方面の夜景も眺められる絶好の場所になっています。

 

IMGP6162 そして、なんとここも、実はマヤ遺跡群のひとつ。昭和33年に建てられた「百万弗(ドル)展望台」の跡地なんです。最初は木造で屋根のないものでしたが、昭和45年には「千万弗展望台」にパワーアップ。鉄筋コンクリート2階建ての建物は、2階に喫茶店、屋上には展望スペースがあり、より高いところからの景色を楽しめたことでしょう。

 

IMGP6163 なお、さらに昔には、海をいく船に光をとどける灯台としても機能していたようで、その名残りでしょうか、土台まわりには灯篭が横たわっているのがわかります。

 

IMGP6197ケーブル駅からロープウェー駅の間には、ほかにも マヤ遺跡スポットがあるんです。この縦の道、その両サイドの空き地が、実はお店の跡。焼き芋、回転焼きに射的場と、お祭りでよくみる出店といったラインナップになっていたんですね。

 

 

IMGP6527さて、ようやく登山道の出発点にやってきました!
摩耶ロープウェー虹の駅から左手に始まる古道。この道は、旧天上寺へお参りするための道の一つで、今でも江戸時代の「町石」とよばれる道しるべが残っており、徒歩で摩耶山頂に登るためのメインルートとして登山客に愛されてきました。

 

IMGP6235町石といえば有名なのは高野山の金剛峰寺のものが有名だそうですが、お寺へ向かう参道という意味で共通していますよね。別名「町石卒塔婆」なんて呼ばれることからも、仏教との深い関わりがわかります。
ちなみに1町は約109メートル。住所で使われる「丁目」も、この単位が由来となっているのだそうです。

なお摩耶山の丁石には、途中空いている番号があり、すべて見つけると重要文化財級の価値があるんだとか。今も雑木林のなかに眠っているかもしれないんだそうです。みんなでいっしょに、レッツ・トレジャーハンティング!!

※国立公園内ですのでマナーをよくお守りください。

 

さて話が逸れましたが、ここでチェックポイントがお出迎えです!
それがこちら、「高尾大明神」

IMGP6200

IMGP6203うーむ、ちんまりとかわいらしくありながら、京都の伏見稲荷大社をほうふつとさせる赤鳥居の列。奥にはやはりお稲荷さんがおられ、お参りにくる人びとをしっかりと見据えてらっしゃいます。

 

IMGP6169そして掲げられているのは「交通安全」、ロープウェーと参道の出発点ということで、人びとのニーズにしっかりと応えられています。ちなみにここ、れっきとした現役の明神様。遺跡ではありませんので、ご注意くださいね。

 

さて、ここでクエスチョンです。
このあと私は、明神様をぐるりとまわって”あるもの”を発見します。
それはあらゆる人が興味をかきたてられずにはいられない、
それでいて身の回りでいくらでも発見できるものなのですが、

それではこの”あるもの”とは、一体、なんでしょうか!?
(テレレレテレレレテレレレテレレレレ〜♪)

 

 

 それでは正解をみていきましょう。
明神様、ちょっと後ろを失礼させていただきます。と、
IMGP6204

んん?

IMGP6204 2


IMGP6204 3

みなさんもうお分かりですね。
ということで、正解は「穴」、でした!

 正解者のみなさまには、摩耶ビューテラス702「モンテ702」で絶賛発売中の、
しゅげんくん人形をご紹介します!
IMGP6564

 

いっぽう不正解のみなさまは、ボッシュートです。
(テレッテレッシュルルルル〜♪)

==============

さて、CMのあとも引き続き、マヤ遺跡の道しるべを追ってまいります。
つぎのミステリーは、、、山の中のお花屋さん!?

(この〜きなんのき摩耶の大杉〜♪)

 


「摩耶山からの夜景デジタルフォトコンテストin摩耶ケーブルギャラリー」はじまりました!

12月 19th, 2013

今年8月〜10月に開催した「摩耶山からの夜景デジタルフォトコンテスト」の作品たちがケーブルに登場!

ケーブル車内とケーブル駅&虹の駅に、コンテスト入賞作品14点と投稿作品を展示。

12月19日(木)から来年2月末までの限定仕様のケーブルカーでぜひ夜景フォトの数々を楽しんでください!
(投稿作品は数が多いため一度に貼り出せませんので入替えを予定しています)

ケーブルフォトコンギャラリー

投稿した方は自分の写真がどこにあるのかを探すのも楽しいかも!


星空と夜景のはざまで本能を呼び覚ませ。ナイトトレイルイベント開催!

12月 15th, 2013

safe_image.php
摩耶山トレイルイベント第3弾_。

季節は冬に入り、空気が透きとおってきた摩耶山。
その眺望に包まれながら、夜の山道を走ってみるイベントが開催決定です!

夜の山道を歩く「ナイトハイク」と山道を走る「トレイルランニング」。この二つを掛け合わせ、掬星台から新神戸駅までの山道を走ります。

暗闇のなか起伏のある道を走ることで、身体の使い方や地形の読み方といった感覚が研ぎすまされます。
そして1000万ドルの夜景を足下に、掛け値不要な満天の星空を頭上に楽しみながらの走行は、きっと得難い体験になることでしょう。

当日は折り返し地点となるモンテ702にてナイトトレイル講習が設けられますので、ナイトハイクおよびトレイルランニング初心者の方も安心してご参加いただけます。
さらに!終了後には近くの日帰り温泉施設へのご案内もありますので、希望される方は疲れた身体をすっきり癒してお帰りいただける充実のアフターサービスつき!!

この機会に、新たな山の楽しみ方を、全身で開拓されてみてはいかがでしょうか?
ただいま参加者受付中。詳細は以下をごらん下さい。

それではレッツ☆ナイトトレイル!!

===================
【イベント詳細】

(1)日時:2013年12月23日(月・祝日)

(2)参加費用:2,500円(講習、ガイド料を含む)
※現地への往復の交通費、飲食代等は負担ください。
ヘッドライト、ハンドライトが必須となります。数量限定でレンタルします(500円/日)

(3)募集人員:
定員:10人 ※定員に達し次第、受付終了します。

(4)コース概要:
新神戸駅→掬星台→夜景スポット2箇所→市ヶ原→新神戸駅
ナイトトレイルへの準備・説明は掬星台monte702で行います。

(5)集合:JR新神戸駅 改札手前 インフォメーション前 14時50分までに集合ください。
※15時にスタート予定です。
荷物や着替えは新神戸駅にコインロッカーがあります。
解散:JR新神戸駅 21時予定
銭湯・日帰り入浴施設が近く(徒歩10分程度)にあります。トレイル後に入浴される方は準備ください。
希望者は入浴施設まで帰り道、案内します。

(6)アクセス:JR大阪駅から電車で約40分
JR大阪 20分 3駅 (JR東海道・山陽本線新快速) → JR三ノ宮
乗り換え:徒歩2分
三宮(阪急・地下鉄・神戸高速) 2分 1駅 (神戸市営地下鉄西神・山手線) → 新神戸

(7)距離・レベル
初級~中級
合計15km程度、6時間を予定(休憩込み)  (事前下見で全歩きで5時間でした)
目安:平地を15km程度無理なく走れる方
対象:ハイキングやトレイルランをしている方
ナイトトレイルに興味があるが未体験な方、まだ慣れていない方等

(8)申し込み方法
メールタイトルを
「参加申込>2013年12月23日 神戸1000万ドルの夜景」 とし、
氏名、年齢、住所、年齢、電話番号、メールアドレスを明記の上
linksnature@gmail.com
までメールをお願いします。
追って、返信させて頂きます。

(9)服装・持ち物 (参考)
・リック/ザック 食事は行程中となりますので、水・食料ならびにアウターなどを入れるバックが必要となります。
・ヘッドライトあるいはハンドライト。携帯電話、保険証(必須)
・シューズ トレイルランニング・シューズをお奨めします。
・飲料水orスポーツドリンクは1lを目安に携行ください。
・食事、サプリメント。6時間と長時間の行動になりますので補給食等の食事は準備ください。
・走れる格好+アウターorシェルをご用意ください。
・手袋・防寒着・着替えタオル、靴下、小銭等。
・当日の天気によりレインウェアなどお持ちください。

 

主催:Links.NATURE / 協力:monte702

 


星をみつけに摩耶山に行こう!〜星カフェレポート

12月 5th, 2013

 

「星がその手に掬えるほど空に近いことから掬星台と言われています…」

 

摩耶ケーブルのアナウンスでこんなフレーズを聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。

夏には天上寺で星が降る祭「四万六千日大祭」「紙芝居型アニメーション ホシアゲル」の上映が行われ、親子で楽しむ星のイベント「摩耶山星まつり」には200人以上の人が参加します。摩耶山は、星との縁が非常に深い山でもあります。

そしてこの冬、もうひとつの新しい星イベントが開催されました。

 

星カフェ702

「星カフェ702」

摩耶山の上で瞬く星を観察して、お茶飲みながら星の話をしましょう。
そんなゆるやかな星空観察会

開催された12月1日(日)は、師走にしては暖かい気候でした。
その暖かさに刺激されたのか、夕方から突然の雨雲と雷の発生!
受付直前にビューラインまで運休してしまうというハプニング!
ここまで来たのにまさかの開催中止!?

と、どうなることかと思いましたが、その後、みんなの願いが届いたかのようにビューラインも再開し雨もあがり、

無事に開催されました!

 

天気の様子をみて、講師の星空公団・原田さん「最初の観測を後ろにまわして、まず先に室内で星のお話をしましょう。その後やんだらすぐ外で観測に移りましょう」とプログラムの一部変更を提案下さいました。ということで、ビューテラス店内の奥を使ってスタート。

 

星の話題、最初のネタは「天文界での一大事件、アイソン彗星が消滅か!?」からスタート!

星の話題、最初のネタは「天文界での一大事件、アイソン彗星が消滅か!?」から!



 

望遠鏡メーカーが発行するフリーペーパー「So-TEN-Ken」を使って星座表の見方をお勉強。

望遠鏡メーカーが発行するフリーペーパー「So-TEN-Ken」を使って星座表の見方をお勉強。



しばらくすると「雨がやみました!星観測できます!」との情報が入り、みんなで急いで外へ飛び出します。

外には望遠鏡が2台、後からさらに小さいのが1台追加されて合計3台の望遠鏡が並びました。

最初は西の空の金星を望遠鏡でのぞきます。

最初は西の空の金星を望遠鏡でのぞきます。



宵の明星としてきらきら輝く金星、肉眼では点にしか見えませんが、望遠鏡を通してみると半月のように欠けているのがわかります。
まるで月みたい!

Wの形のカシオペヤ座(カシオペアとも言いますが、天文界ではカシオペヤと呼ぶそうです)とそこから探す北極星

1つの星に見えるアルビレオは望遠鏡でのぞくと二重星だとわかります。
アルビレオは「銀河鉄道の夜」にも登場する星で、色の違う二つの星を宮沢賢治氏は「サファイアとトパーズ」と表現しました。

天の川はさすがに見えませんでしたが、川をはさんだベガ(織姫)アルタイル(彦星)、そしてデネブによる「夏の大三角形」、真上にはペガスス座「秋の大四辺形」がはっきりとわかります。

暗さに目をならすために夜景からは離れた場所で観察。実際はこんな暗さ。

暗さに目をならすために夜景からは離れた場所で観察。実際はこんな暗さ。



途中、双眼鏡を使った星座観察のコツなども伝授され、参加者の中には慣れてきて星を探すのがとてもうまくなった方も!

すばるや、南の空でひときわ輝くフォーマルハウトという星など、星の観察は尽きません。

最後に自分の誕生日の星座は、誕生月には見えないんですよ、というマメ知識をおしえてもらいました。

 

30分ほど観察してだいぶ冷え込んできたのでまた室内に戻り、ホットドリンクでひとやすみ。
星空の画像などをパソコンを使ってみせていただきます。

天の川の画像に「わぁー!」と歓声があがりました。

天の川の画像に「わぁー!」と歓声があがりました。



 

宇宙を旅しているような気分になれるソフトで、銀河系を飛び出してみました。

宇宙を旅しているような気分になれるソフトで、銀河系を飛び出してみました。



 

実はこんなものもありますよ、と出された小さな石は外国に落ちた「隕石」!小さいけれどずっしり金属の重さが。

実はこんなものもありますよ、と出された小さな石は外国に落ちた「隕石」!小さいけれどずっしり金属の重さが。



最後に今日はみられなかった月(ほぼ新月でした)の写真をおみやげに、星のお話満載の「星カフェ702」は盛況のうちに終了しました。
次回は3月後半あたりに開催予定です。
こちらのマヤログでも告知しますので、ぜひご参加下さい♪
会場では同日に「摩耶山からの夜景デジタルフォとコンテスト」の表彰式が行われ、ずらりと入賞者の夜景写真が飾られていました。こちらは町の「星」たちですね☆

DSCN7979


まやビューライン 冬の運行情報

12月 3rd, 2013

12月1日(日)より3月19日(水)までまやビューラインは冬ダイヤとなります。

土日祝日のケーブル最終便が20:00発と秋より早まりますのでご注意下さい。
定休日は火曜日となります。

ロープウェーは大規模更新工事のため、12/2(月)〜2/28(金)は運休いたします。
ケーブルは一年定期検査のため1/28(火)〜2/4(火)は運休いたします。

ロープウェー運休中もケーブルは元気に運行中!
元日は初日の出早朝運行いたします!(1月1日はケーブル始発6:30です)
また、ロープウェー運休期間限定でのケーブル運賃割引サービスなどもありますので、ぜひ冬の摩耶山行きにご活用下さい!!

詳しいダイヤや料金などはmayasan.jp内の「まやビューライン」ページや、「六甲・まや空中散歩」をご覧下さい♪